なぜゴキブリに逃げられる?正しい叩き方・スプレーの使い方

ゴキブリ対策>間違ったゴキブリ退治方法

ゴキブリを見つけました。
運よくまだこっちの存在は相手にばれていません。

 

新聞紙などを丸めてこっそり近づき、もらったと思った
とたんに逃げられてしまうという経験はだれしもあるでしょう。

 

完全にばれていないような状態なのに、
いざその瞬間になると逃げられる。
なぜこういった事になってしまうのでしょう?

 

 

これはゴキブリの特性によるもので、
後ろから狙うという事自体が間違っているのです。

 

実はゴキブリの後ろには空気の流れを感知する
器官があるため、こっそり後ろから近づいているつもりでも、
ゴキブリにはばればれなのです。

 

特に新聞紙を叩きつけようと振り上げたりした際には、
空気の流れが大きく変化するため、ここで気づかれて
叩く直前に逃げられてしまう事になります。

 

 

そのため一見馬鹿正直のようにも思えますが、
真正面から狙った方が成功率が高くなります。

 

もちろん正面からの場合はゴキブリの視界に
入ってしまうわけなので、逃げられてしまう事
もあります。

 

一番いいのは掃除機で逃げる間を与えずに
吸い込んでしまう事です。

 

吸い込んだ後の処理は考えたくないですが、
吸い込んだ勢いで気絶してくれている事も
あるので、その隙にぱぱっと片づけましょう。

 


ゴキブリ対策TOP